検定試験概要

スピーチ検定概要

主催は、NPO「日本スピーチ・話し方協会」です。
NPO「日本スピーチ・話し方協会」は、スピーチ・プレゼン能力向上のために活動をしています。

・「スピーチ検定」とは

「スピーチ検定」は、スピーチやプレゼンテーション能力を測定する技能検定です。
人前でしっかり自分の思いや考えを伝え、聴く人に好感を持って聞いてもらい
理解をしてもらう能力を測ります。

スピーチ検定は、年齢に関係なく、大人、社会人、学生、中学・高校生、小学生
どなたでもお受け頂け、自分の技能を測ることができます。

・「スピーチ検定」の結果使用法

履歴書や身上書に記入することで、人前でしっかり話せることをアピールすることができます。
また、ご自身のスピーチ能力を把握することができ、今後ますます研鑽を積んで頂くきっかけになります。

・「スピーチ検定」を受検する意義

「人前のスピーチが苦手」「大勢の前でプレゼンテーションが上手にできない」
と悩む日本の社会人はとても多いです。日本人も是非、欧米先進国の人に
負けないスピーチ・プレゼンテーション能力を身に付けて、自信を持って国際社会で
活躍して頂きたいと思います。

「スピーチ検定」を受検することで、ご自身のスピーチ能力がどのくらいかを見極めることができ、自信に繋がります。
また、「スピーチ検定」を受検する目的で、スピーチ練習を積むことができます。
その結果、より上手に人前で話すことができるようになります。


スピーチ検定試験概要

出題内容
採点基準
3級
(1).「出題テーマ」での2分間スピーチ
 出題テーマ
 「嬉しかったこと」
2分以内厳守 聞き取りやすさ 分かりやすさ 視線
(2).スピーチをする上での心構えについて、簡単な質問に答える 簡潔に答える 分かりやすく伝える
2級
3級合格者のみ、お受け下さい。
(1).「出題テーマ」での2分間スピーチ
 出題テーマ
 「なるほどと思ったこと」
2分以内厳守 聞き取りやすさ 内容構成 分かりやすさ 聴衆に興味をもたせる面白さ
視線
(2).スピーチをする上での心構えについて、簡単な質問に答える 簡潔に答える 分かりやすく伝える
準1級
2級合格者のみ、お受け下さい。
(1).「出題テーマ」での2分間スピーチ
 出題テーマ 「ある出来事から学んだこと」
2分以内厳守 聞き取りやすさ 内容構成 分かりやすさ 聴衆に興味をもたせる面白さ
視線
(2) 「その場で出題されたテーマ」での2分間スピーチ (原稿作成時間10分) 2分以内厳守 内容構成 分かりやすさ
聴衆に興味をもたせる面白さ 視線
1級
2級合格者のみ、お受け下さい。
(1).「出題テーマ」での3分間スピーチ
 出題テーマ
 「現在の問題点と、その方策」
3分以内厳守 声の出し方 内容構成 分かりやすさ 聴衆に興味をもたせる面白さ
視線 話すときの表情 原稿を見ない
(2). 「その場で出題されたテーマ」での2分間スピーチ (原稿作成時間10分) 2分以内厳守 内容構成 分かりやすさ
聴衆に興味をもたせる面白さ 視線
初段
1級合格者のみ、お受け下さい。
(1).「出題テーマ」での3分間スピーチ
 出題テーマ  「一念発起」
2分45秒以上・3分以内厳守 声の出し方 内容構成 分かりやすさ
聴衆を感動・感心・頷き・笑いのどれかに巻き込む面白さ 視線 話すときの表情 原稿を見ずに話す
(2). 「その場で出題されたテーマ」での2分間スピーチ

(原稿作成時間10分) 2分以内厳守 内容構成 分かりやすさ 聴衆に興味をもたせる面白さ 視線

原稿を見て話しても結構です

(3).「人前でのスピーチをする上での注意点」について、質問に口頭で答える。 簡潔に答える 分かりやすく伝える
二段
初段合格者のみ、お受け下さい。
(1).「出題テーマ」での3分間スピーチ
 出題テーマ  「小さな発見・大きな発見」
2分45秒以上・3分以内厳守 声の出し方 内容構成 分かりやすさ
聴衆を感動・感心・頷き・笑いのどれかに巻き込む面白さ 視線 話すときの表情 原稿を見ずに話す
(2). 「その場で出題されたテーマ」での2分間スピーチ

(原稿作成時間10分) 2分以内厳守 内容構成 分かりやすさ 聴衆に興味をもたせる面白さ 視線

原稿を見ずに話す

(3).「人前でのスピーチをする上での注意点」について、質問に口頭で答える。 簡潔に答える 分かりやすく伝える

審査員
様々な視点から「検定」の審査をするために、
審査員を、スピーチ・プレゼンに精通した方々にお願いします。
・現役アナウンサー (4名)
・有名TV番組、放送作家
・学会発表などで定評のある教授、学者、医師
・スピーチ教育に精通した小学校・中学校・高校の先生
・プレゼンやスピーチに定評のある実業界の方々

*3級検定は、上記のうち4名以上の採点結果で判定いたします。
*2級検定は、上記のうち6名以上の採点結果で判定いたします。
*1級検定以上は、上記のうち8名以上の採点結果で判定いたします。
*公正を期するため、審査員のお名前は、検定当日に発表いたします。
*毎回の採点項目・採点基準は一定化させて、審査員に評価をお願いします。
*受検時のスピーチをビデオに録画し、後日、審査員がビデオ確認のために使用します。
  なお、ビデオに撮影した映像は、審査以外には一切使わず公表も致しません。

受検に当たっての注意事項」をお読み頂き、ご了解の場合のみ、お申込下さい。

お問い合わせ

郵送先
〒112-8691 文京区小石川郵便局私書箱40号
       NPO「日本スピーチ・話し方協会」
        「スピーチ検定」事務局
         電話 03-5319-8170